ソニーの次期Xperiaが凄い、5200万画素センサーなどトリプルカメラを搭載へ(WEEKLY TOP)…など (WEEKLY TOP/2019 02.09-02.15)

    MWC2019(Mobile World Congress 2019)など大きなイベント開催の直前すぎるようで、今週はあまり大きな話題となるニュースが少なかったようです。そのため、前週のランキング記事が1位にランクインしました。やはりソニー系の関連記事は多くの注目を集めるようです。ランキングを見渡しても、スマホ系の記事は、4位の新iPhoneのコネクタが結局Lightningかもの話題、6位のサムスンの折りたたみスマホが発表されるかもの話題、8位のサムスンのGalaxy S10のインカメラの機能の話題が入っていますが、どれもソニーのスマホ等の記事(を集めたランキング記事)を超えられませんでした。新iPhoneのコネクタの話題は以前から何度も記事になっていますし、サムスンのスマホはここ数年販売など苦戦しているようですので、市況を反映したランキングと言えるでしょう。

    そんな中、2位にランクインしたのが、「Safariでグーグルを使ってもらうためアップルに約1兆円を支払っている」という記事。これは、スマホでは優劣を競っている2社(iOS対Android OS、iPhone対Pixel)ですが、Googleは自社の最大のビジネスモデル収益確保(検索広告収入)のために、ライバルのAppleにお金を払ってSafariのデフォルトの検索エンジンをGoogleにしてもらっている、という内容です。内容にはあまり驚きはありませんが、その支払っている金額が1.1兆円ということに驚きです。Googleは今後も支払っていくでしょうし、その金額もどんどん大きくなっていくと想像できます。スマホに代わる「なにか」が出てきたら、こういった構造も変わっていくのでしょうね。

    それでは今回のランキングをどうぞ。

    1位

    今回のランキングはこれまでと違って、iPhoneの記事が圧倒的に少ないです。代わりにソニー関連の記事、ゲーム機器の記事が多くランナップされています。なかでも近く開催される「MWC2019(Mobile World Congress 2019)」で発表されることが期待されているソニーのスマホ「Xperia XZ4」の話題が1位などにランクインしています。続き

    iOSユーザーに質問ですが、Safariの検索エンジンがデフォルトでグーグルになっていない場合、グーグルのウェブサイトに移動したり、グーグルアプリを使用しますか。それとも、デフォルトの検索エンジンを使用しますか。グーグルへの忠誠を誓う人なら、ウェブサイトにアクセスするでしょうが、グーグルにとってこれは看過できないことのようです。続き

    3位

    トヨタはついに折れたようです。同社は、Android Autoをサポートしていない巨大自動車メーカーの1つですが、現在は変わりつつあるようです。シカゴ・モーターショーで、同社がAndroid Autoを6つのモデルに搭載することを発表しました。そのうち4つは、ピックアップトラックです。続き

    4位

    Appleは、業界全体で使用されているUSBの代わりに、長い間、独自のコネクタを使ってきました。以前のレポートでは、同社がLightningの代わりにUSB-Cを使ったiPhoneの「一部バージョン」をテストしている可能性を言及していました。しかし、新しいレポートでは正反対の主張をしています。続き

    5位

    Netflixが昨年、Androidアプリ向けに機能を先行提供してきた「Smart Downloads」。この機能は、ユーザーが既に視聴したダウンロード済みのエピソードを自動的に削除し、Wi-Fiへ接続した際に、その番組の次のエピソードに置き換えることができるという文字通り「スマート」な機能です。続き

    6位

    もしかしたら、テックニュースを欠かさずチェックしている読者であれば、サムスンが2月20日(現地時間)にGalaxy S10を公開することをすでにご存知かもしれません。サムスンは、バルセロナで開かれるMWCについてアナウンスをしていませんが、その代わりに、サンフランシスコで別のイベントを開催することになっています。続き

    7位

    直近の噂によると、キヤノンはフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」の廉価版を準備しているとされていました。結果、キヤノンがコスパに優れたフルサイズミラーレス「EOS RP」を発表したことで、この噂は正しかったことが判明しました。続き

    8位

    これまで、Galaxy S10のラインナップについて多くの噂が出てきましたが、サムスンの新型フラッグシップスマホに関しては、さらに多くの情報が出てくることでしょう。というのも、Galaxy S10シリーズのフロントカメラに関する情報が新たに投稿されているからです。このスマホはサムスンにとって最初の「Infinity-O」ディスプレイを備えた主力製品となるでしょう。続き

    9位

    グーグルはAndroidで大成功を収めていますが、NPDによる最新の調査によると、グーグルの「Wear OS」はスマートウォッチ市場の12%しかシェアを持っておらず、大半はアップル、サムスン、フィットビットなどの企業が占めています。続き

    10位

    マイクロソフトは、HoloLens 2と思われるプレスイベントをMobile World Congress 2019にて実施するとしており、新型MRヘッドセットの発表が目前であることを示しているかのような新しいティザー映像を公開しました。HoloLens 2は、2月24日に発表するとみられていますが、MRヘッドセットの詳細についてはティザーでもお預けのようです。続き