Galaxy S10のインカメ、4Kや手ブレ補正でバッチリ仕上げているらしい

これまで、Galaxy S10のラインナップについて多くの噂が出てきましたが、サムスンの新型フラッグシップスマホに関しては、さらに多くの情報が出てくることでしょう。というのも、Galaxy S10シリーズのフロントカメラに関する情報が新たに投稿されているからです。このスマホはサムスンにとって最初の「Infinity-O」ディスプレイを備えた主力製品となるでしょう。

Infinity-Oは、ノッチなしにディスプレイを極限まで広くできるディスプレイ技術で、フロントカメラはその部分のみ穴をくり抜くだけです。レポートによると、3つのGalaxy S10全モデルで、フロントカメラに光学式手ぶれ補正、デュアルピクセルオートフォーカス、4Kビデオ撮影を備えた10メガピクセルのイメージセンサーが搭載されているとしています。

もしこれが正確であれば、Galaxy S10はvloggersに選ばれるスマホになるでしょう。リークされた画像では。Galaxy S10+がメインカメラをデュアルで内蔵していることも示唆していました。この2台目のフロントカメラは、深度検出用とみられています。

詳細については全く明かされていないため、サムスンが開催するイベントまで待つ必要があります。同社は、2月20日にサンフランシスコで開催されるUnpackedイベントで、Galaxy S10e、Galaxy S10、およびGalaxy S10+を発表する予定です。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら