新型iPad Proは、MacBook Proと同程度のパワーを持っている

Appleは、2018年のiPhoneに使用されているA12 Bionicチップの改訂版「A12X Bionic」チップを内蔵した新型iPad Proを発表しました。これは、iPad Proの2017年モデルと比べてシングルコア性能で35%、マルチコア性能で90%高速なオクタコアプロセッサとなっています。

さらに、Xbox Oneと同等の性能を実現する7コアのカスタムGPUも搭載されています。大体は、マーケティング上の話のように聞こえますが、最新のGeekbenchのスコア(MacRumors経由)によると、どうも本当のようです。パフォーマンスのスコアでは、新しいiPad Proは2018年のMacBook Pro 15インチモデルに匹敵することが分かりました。

たとえば、15インチMacBook ProのベースCPUである、2.2GHzの6コアCore i7プロセッサー(4928点)を凌駕するシングルコア性能(5025点)を叩き出しました。しかし、マルチコアの性能に関しては、21000点以上のMacBook Proと比較して、iPad Proは18106点と少し遅れています。

ベンチマークの得点がすべてでは必ずしもありませんが、このスコアはAppleが最終的にインテルを降ろし、Aシリーズのチップセットを将来Macに搭載するという計画の説得力を持っています。先月AnandTechは、iPhone XSのA12 Bionicがデスクトップレベルのパフォーマンスに近づいたとしており、Aシリーズチップセットを搭載したMacBookがそう遠くない未来に実現するかもしれません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら