Safariでグーグルを使ってもらうためアップルに約1兆円を支払っている

iOSユーザーに質問ですが、Safariの検索エンジンがデフォルトでグーグルになっていない場合、グーグルのウェブサイトに移動したり、グーグルアプリを使用しますか。それとも、デフォルトの検索エンジンを使用しますか。グーグルへの忠誠を誓う人なら、ウェブサイトにアクセスするでしょうが、グーグルにとってこれは看過できないことのようです。

ゴールドマンサックスによる直近の算出によると、グーグルは、Safariのデフォルトの検索エンジンとして採用してもらうために100億ドル(約1.1兆円)を支払いっているようです。iOSユーザーでも確実にグーグルのサービスに誘導できますし、アップルにとっても大きな収益源となります。

アナリストによると、「膨大なトラフィック獲得費用(TAC)だけでなく、人々がモバイルデバイスでより検索することで、まだまだ成長は続くでしょう。TACとSensor Towerが持つアプリストアのデータを組み合わせた、2018年におけるTACとApp Storeダウンロード数の占める割合は、サービス収益の51%、サービス総売上高の70%を超えていました。TACは、実質的に減速する可能性が高いにもかかわらず、両者とも2019年も引き続き成長するとみられます」

グーグルがデフォルトの検索エンジンであり続けるために、アップルが“下品な”金額を受け取っている話は今回が初めてではありません。アップルが将来的に価格を引き上げようとしているかは、グーグルがアップルにそれほど支払う価値があるかどうかに関わらず、いまのところ不明です。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら