米国iPhoneの通信速度を5sからXS Maxまで比較してみた

何年もの間、Appleは毎年リリースするiPhoneを改善してきました。多くの点で、Appleは技術的なディティールについて大まかに解説し、主要な機能について焦点を絞りますが、これは目に見えない部分に関して変化がないということではありません。

OpenSignalによる最近のテストでは、iPhoneのモデルが新しくなるにつれ、モバイル通信速度がどのように改善されたかを明らかにしました(テスト地域は米国)。彼らの発見によれば、新モデルが出るほどにiPhoneのモバイル通信速度も上がっているといいます。

しかしいくつかの例外もあります。例えば、2016年のiPhone SEは2014年のiPhone 6や6 Plusの速度に負けています。また、iPhone XRもXSやXS Maxより通信速度が遅いです。これは、通信バンドの違いによるものと思われます。

もちろん、モバイル通信速度には様々な要因が絡みます。例えば受信地域によってはカバレッジが悪く、通信速度に悪影響を及ぼします。同じ地域でどれだけのユーザーが同時に通信するかも問題です。このグラフを読むには、これらの影響も考慮しなくてはなりません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら