「iPhoneをアップデートしたら動作が遅くなります」と通知してくれる機能をAppleが追加へ…など (WEEKLY TOP/2019 05.18-05.24)

    前回ランキング1位だった「これがApple Cardの実物だ Apple従業員が公開」に引き続き、今回もApple Cardの話題がランクインしています。それが6位の「2004年、ジョブズはすでにApple Cardのアイデアを思いついていた」です。これは、2011年に惜しまれながらも亡くなったAppleの共同設立者の一人、スティーブ・ジョブズ氏が15年以上も前に、Apple Cardのコンセプトを思いついていた、という話題。記事の内容は、「Think different」キャンペーンを主導したKen Segall氏が自身のサイトでジョブズ氏が思いついていた内容を暴露したというもの。数々の伝説を持っているジョブズ氏ですが、死してもなお伝説を生み出すのはすごいですね。

    今回1位になったのは、「「iPhoneをアップデートしたら動作が遅くなります」と通知してくれる機能をAppleが追加へ」です。これはAppleが、古いiPhoneをソフトウェア(OS)・アップデートすることで、動作が遅くなったり、電池の持ちが悪くなるということを、OSアップデート前にユーザーに告知して選択させるという機能をつけるかも、というもの。iPhoneはどんどん高額になってきているため、機種変更のサイクルも長くなってきています。しかし、新しい機能を使うためには新しいOSにする必要があるため、どうしても古いiPhoneで新しいOSを使いたくなります。その際に、動作が遅くなるなどの可能性があるのです。事前に選択できれば、あとで後悔しなくてすむので、良さそうですね。

    それでは今回のランキングをどうぞ。

    1位:「iPhoneをアップデートしたら動作が遅くなります」と通知してくれる機能をAppleが追加へ

    数年前、Appleは「古いiPhone がソフトウェアのアップデートによって抑制されている」と報じられた際に、これを正当化しました。古いスマホで新しいOS(ソフト)を可動させたら、より頑張って処理しないといけないわけですから、バッテリー持ちが悪くなったり、電話が突如シャットダウンされる可能性があるという理屈は、まあわからなくもないわけです。»続きを読む

    2位:ソニーのXperia事業は日本を含めた4市場に集約へ

    ソニーのスマートフォン「Xperia」事業は長く赤字が続いています。Xperia事業から撤退しようとするという噂もたびたび出ている中、同社は新型スマートフォンを発表するなど取り組みを続けてきましたが、今後は4つの市場でのみ販売する予定のようです。他の市場から撤退することで、より事業を持続できるようにする狙いがあるようです。»続きを読む

    3位:MacBook ProのCPUが8コアにアップデート!キーボードも改良されたみたい

    アップルは、15インチと13インチのMacBook Proをリフレッシュしました。これには、キーボードの改良も含まれます。キーボードの問題は、多くのユーザーに不快な思いをもたらす原因になっていましたが、同社がしぶしぶ認めたこの問題は、今回のアップデートで解決されたようです。»続きを読む

    4位:Xperia 1発売前だけど、Xperia 2のレンダリング画像がリーク

    今年初めにMWC 2019で、ソニーはソニーXperia 1の形でその年の彼らの主力スマートフォンを発表しました。今、ソニーはすでに9月にXperia 2として知られているハンドセットで開催される予定のIFAで発表されるかもしれない後継機種に取り組んでいることができるようです。»続きを読む

    5位:100億件の電話番号を追加、日本政府が14桁番号を検討中

    11桁の電話番号が2022年までに尽きる可能性があることを懸念して、日本の総務省は14桁の電話番号の作成を計画し始めています。14桁まで拡張することによって100億の新しい数を作成することができるでしょう。その提案は、国内最大の携帯電話会社によってすでに承認されていると伝えられています。»続きを読む

    6位:2004年、ジョブズはすでにApple Cardのアイデアを思いついていた

    今年初めにAppleが発表したApple Cardは、最近実物が従業員に届くなど話題になっていますね。しかし、もしあなたにかつてAppleで勤務している経験があるとしたら、実はApple Cardというのはそんなに驚くものではなかったのかもしれません。というのも、これはスティーブ・ジョブズのアイデアの1つだったからです。»続きを読む

    7位:匿名ブラウザ「Tor」、Android版が登場

    Chromeブラウザにはプライベートモードがあり、セッションを通常モードと切り分けることができますが、必ずしも意図した通りには動かないこともあり、またプライベート性をより高めるに当たって開発すべきこともまだまだあります。そんな中、匿名性で名高いTorブラウザのAndroid版が登場しました。»続きを読む

    8位:Pixel 3a、一部で勝手にシャットダウンする現象が発生中 根本的な解決策は現状なし……

    GoogleがPixel 3aと3a XLを発売してからまだ間もないところですが、一部のユーザーからデバイスの問題が指摘されています。1日中使っていると、ランダムなタイミングで勝手にシャットダウンされてしまうというのです。頻繁にスマホを使う人にとってみれば、この不具合はかなり迷惑な話です。»続きを読む

    9位:Google、モバイル検索の結果表示を変更へ

    Googleが「ユーザーを迅速に検索できるようにする」という目標を追求して、モバイルデバイスでの検索結果に対して微妙でありながら重要なデザイン変更を導入しました。インターネット上の情報の量と形式が過去数年間で劇的に変化したことにあわせ、検索を微調整し続けています。»続きを読む

    10位:これがApple Cardの実物だ Apple従業員が公開…など (WEEKLY TOP/2019 05.11-05.17)

    前回のランキングでいくつかラインナップされていたGoogle I/Oの話題。その中でも”お求めやすいスマホ”のPixel 3aが注目されていました。今週もPixel 3aの話題がいくつかランクインしています。2位の「Pixel 3aの看板広告がiPhoneを“挑発” 「Phone Xは高くて写真も暗い」」は、Pixel 3aがiPhoneより安くて、暗いところでも明るく写真が撮れる、ということを主張する比較広告を掲示しているという話題。アメリカではよくやる広告手法ですね。»続きを読む