100億件の電話番号を追加、日本政府が14桁番号を検討中

11桁の電話番号が2022年までに尽きる可能性があることを懸念して、日本の総務省は14桁の電話番号の作成を計画し始めています。14桁まで拡張することによって100億の新しい数を作成することができるでしょう。その提案は、国内最大の携帯電話会社によってすでに承認されていると伝えられています。

ジャパンタイムズによると、14桁の電話番号を作成する計画は、KDDI、NTT Docomo、およびSoftBankによって承認されています。三大通信事業者が合意したことで、記事によれば日本が2021年末までにこれらの新しい電話番号を運用するかもしれないようです。

これらの新しい100億の数字は020から始まります。これは現在モノのインターネットデバイスのために日本で使われている接頭辞です。2017年初頭に導入されて以来、日本の020のうち3260万が2019年3月末までにすでに登録されています。日本の5Gネットワークは2020年に稼働する予定で、接続機器の数はさらに、大幅に増加するとみられ、新しい番号が求められています。

ネットワーク上のすべてのデバイスに十分な数の数字を作成するという課題は、日本だけが直面する課題ではありません。5Gネットワ​​ークが世界中のより多くの市場で次第に稼働するようになるにつれて、他の国々も同様の決定を下してすべてのデバイスに十分な数があることを確認する必要があります。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら