8000万画素のEOS Rが2020年に登場?

キヤノンのEOS Rシリーズは今のところプロ向けの製品は出していません。これでは物足りないという人は、あと1年くらい待つのがいいかもしれません。Canon Rumorsによると、キヤノンは2020年前半に8000万画素を超えるEOS Rシリーズのミラーレスカメラを出す予定だとしています。

このレポートでは登場時期の他に、いくつかのスペックも報じています。ボディが大きくなってグリップしやすくなり、「新しいスタイル」のジョイスティックと、より大型の液晶ディスプレイを搭載するといいます。ビューファインダーは上下にチルトするといいます(EVFのことか液晶ディスプレイのことかは不明です)。そしてデュアルSDカードスロットをサポートします。

Canon Rumorsは、この新しいEOS RカメラがキヤノンEOS 5Dsや5Ds Rの置き換えになるともしています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら