Twitter創業者、Twitterアカウントを乗っ取られる

企業の最高経営責任者であることは一般的に、その企業の顧客が享受できないメリットを享受できるように思われています。例えばTwitterの場合、創業者で最高経営責任者のJack Dorsey氏のアカウントは、セキュリティと監視機能を追加することで、より安全になるのではないかと考えている人もいることでしょう。

しかし、ほかでもないDorsey氏のアカウントがハックされました。これはDorsey氏のアカウントが投稿した一連のツイートにより発覚したもので、人種差別的なコメントや、脅迫を含むヘイトスピーチが多く含まれていました。その後、この攻撃はCloudhopperと呼ばれるソースから発生したと思われることが明らかになっています

このソースは、TwitterがSMSサービスを強化するために買収した会社であり、このツイートはTwitterから送信できることを示唆している。Twitter社の反応は早く、最初のツイートが投稿されてから30分後に削除された。

Twitterによると、「このアカウントに関連付けられた電話番号は、モバイルプロバイダーによるセキュリティ監視のために漏洩した。これにより、許可されていないユーザーが電話番号からテキストメッセージを作成して送信できるようになっていました。この問題はすでに解決済みです。」としています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら