Apple、鍵などを探せるデバイス「Tile」の模倣製品をiPhoneと同時に発表へ

Appleが独自のTile風追跡アクセサリを開発しているという噂は以前から流れていました。最近、このトラッカーの可能な特徴の1つが拡張現実であることが明らかになったが,これがどのように動作するかはまだわかりません。しかし、MacRumorsの情報により、われわれはこのデバイスについてさらに詳しい情報を得ました。

その一つは、トラッカーの電池を取り外して交換する機能です。使用されている電池は、腕時計に使われる可能性のある小さな円形バッテリーの1つであることが示唆されています。つまり、バッテリーは簡単に交換でき、ほとんどの店で購入できるはずです。

またユーザーは「安全な」ロケーションを設定できるようだ。つまり、アクセサリが追跡しているデバイスがいずれかの場所に存在する場合、ユーザーには通知されません。たとえば、家の中を安全な場所として設定しておけば、自分の部屋にトラッカーがあっても、キッチンにいる場合など、範囲外にいても警告が表示されません。その代わり、セーフゾーン外にある場合は警告が表示されます。

最後に、MacRumorsはiOS13の内部ビルドでこのアクセサリの画像を発見し、これがアクセサリの外観である可能性を示唆した。これが代替品なのか、本物なのかは不明なので、今のところは割り引いて考えてみたほうが良いでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら