ボッシュ、電動ベビーカーを発表 坂道も楽チン、いざというときの安全性も

最近はさまざまな「乗り物」が電動化されており、自家用自動車はもちろん、バスも電動化、自転車やスクーターも電動化しています。そんな乗り物の電動化の流れの中で、ボッシュは電動ベビーカーを発表しました。

これを使えば、登りの坂道でベビーカーを押すのもラクになるかも。このベビーカーには2つの電動モーターが搭載されています。下りの坂道ではベビーカーが転がっていくのを避けるため、押すのにむしろ力が要るようになっています。

ベビーカーに搭載されるセンサーはこのように坂道を検出する他、ベビーカーが道から外れないようキープするとしています。また、もし手を離してしまったときは、ベビーカーが止まるセーフティ機能も搭載しているといいます。

内蔵バッテリーは約15km分駆動するとのこと。ボッシュ自身がこのベビーカーを販売するわけではなく、スウェーデンのブランドEmmaljungaがこれをベースにしたベビーカーを2020年に販売するとしています。価格について言及はありませんが、おそらく安くはないでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら