任天堂、「Switch交換プログラム」の噂を否定

任天堂が、現行のNintendo Switchよりややバッテリーが長持ちする新モデルを発表した件について、発表の直前にSwitchの新品を買った人の中には不満を持つ人もいるでしょう。この状況から、任天堂はSwitchの購入者に対し交換プログラムを用意するのではないかという希望的観測が生まれました。

しかしThe Vergeによれば、任天堂の広報は「Switchの交換プログラムは用意していない。われわれは常にプレイヤーにNintendo Switchのシステムを楽しんでもらいたいと考えており、もし支障が生じた場合にはサポートやコンシューマサポートチームに連絡してほしい」とか語ったということです。

もし任天堂が交換プログラムを実施すれば良いPR活動になりそうだという期待もあったため、この決定は残念に思います。今言えることは、現行機種と新機種で違うといえるのはバッテリー持ちくらいのことで、現行ユーザーはモバイルユースで数時間早くバッテリーが果ててしまうということくらいです。

任天堂は新機種については別のパッケージで販売すると明言しているので、売り場で迷う心配はなさそうです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら