Twitter、DM向けのフィルター機能をテスト中

ソーシャルメディアに身を置き、プロフィールを公開状態にしていると、突然見知らぬネットユーザーから嫌がらせを受けるといった問題が起きます。この手の嫌がらせは投稿へのコメントの他、プライベートなダイレクトメッセージでも発生します。

このような嫌がらせ問題に対し、いくつかのソーシャルメディアはすでにそうしたコメントを非表示にするなどの措置を取っています。しかし、TwitterのDMについてはこれまで措置の対象ではありませんでした。このほど、Twitterはダイレクトメッセージについてもフィルターを利用できる機能のテストを開始したと発表しました。

このフィルターは攻撃的と思われるいくつかの単語を検知し、そうしたメッセージを非表示にすることでユーザーを嫌がらせから守ります。しかし、このフィルターは完璧にそれらのメッセージを非表示にするものではないようです。それらのメッセージを確認したいユーザーは“アディショナルメッセージ”というフォルダを開くと、メッセージを開いて返信するべきかどうか内容を確認することができます。

同機能はテストバージョンのため、最終的には少し違った形になる可能性もありますが、いずれにせよ実装が待たれますね。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら