Facebook、ファーウェイ製スマホのプリインストールを許可しない方針に

ファーウェイの米国政府による禁輸措置の影響はまだ続いているようです。私位リポートによると、Facebookはファーウェイに対し、スマートフォンアプリのプリインストール(事前インストール)を今後許可しないとしています。これは、世界で最もポピュラーなアプリを、開封したタイミングでインストールされないことを意味します。

ロイターの記事では、Facebookがファーウェイに対して許可しないアプリは、メインであるFacebookのほか、WhatsApp、Instagramを含みます。

この決定は、ファーウェイのスマートフォンユーザーがアプリをインストールして使うことを妨げるものではありません。今後も、Google Play Storeからアップデートを受け取ることができます。今回の影響は、単にデバイスには最初からインストールされていないということだけです。

Facebookなどの米国企業は、政府の禁輸措置以降、取引を停止せざるを得ない状況にあります。Googleは、すでに販売されているファーウェイデバイスに対し、セキュリティアップデートを送信するための一時的なライセンスを取得していますが、プリインストールされているGoogleの一部サービスにも例外があります。リポートでは、Facebookは「工場から出荷されていないスマートフォン」に対して、すでにアプリのプリインストールを許可していないとのことです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら