ホンハイ、ファーウェイスマホの製造を一時中止へ

米国と中国の間で進行中の貿易戦争はHuawei社にかなりの数の問題を引き起こしています。発売されたばかりのP30 Proが下取り1万4000円にしかならなかったり、独自OSをリリースせざるを得なかったり…。また、Appleも間接的にダメージを食らっています

そしてさらに、混乱があるかもしれないようです。Huaweiのスマートフォンの将来についてはかなりの不確実性があるため、ホンハイ(Foxconn)に生産を一時中止するよう指示したと伝えられています。Huaweiが米国の企業リストに登録されて以来、Huaweiとの関係を断ち切っていた米国企業との取引は阻止されています。中国企業はこれらの制限を回避しようとしていますが、その将来についての不確実性はまだ終わっていません。

Huaweiのスマートフォンは、状況が進化し続けているため、他の国々でも後退しています。これにより、ファーウェイはデバイスの製造を制限することを余儀なくされました。HuaweiはFoxconnに需要の減少が見込まれるため、生産数を減らすように伝えたと言われています。一部のモデルの生産ラインは完全に停止したとさえ言われています。

現時点で、この問題の出口は見えてきません。日本でも大手キャリアの最新スマホの販売が停止したまま。いつ正常化するのでしょうか。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら