次期プレステ「PS5」は4K・240fpsをサポートするモンスタースペックに?

PS4が出てまだちょっと…と思いきや結構経っていることに気付く昨今ですが、Gaming BoltでアナリストのMichael PachterがPS5について「PlayStation VRと4K、240FPSをサポートする」と回答しています

Pachater氏は、この言葉の意図を「PSVRと4K、240fpsをサポートするデバイスが恐らくある」としています。実は、ライバルのMicrosoft Xboxが複数のデバイスを提供するのではないか?と言われています。もちろん、ソニーもPS4において「PS4 Pro」との2ラインナップ制を敷いており、このモンスタースペックが上位機種になると言われれば、それはそれで納得できます。

彼はほかにも「ストリーミングサービス『PlayStation Now』専用デバイスが用意されるかはわからないし、PlayStationもXboxも2つ以上のラインナップがあったらそれはそれで驚きだ」とも語っています。

現在のPS4 Proにおいては、4Kでのゲーム環境が満足にサポートされているわけではありません。4K対応ゲームは少なく(アップスケーリングしてくれますが)、4K対応ゲームでも30fpsにすら及ばないフレームレートの低いものなのです。加えて、Blu-rayについても4K非対応のドライブであり、4Kコンテンツを視聴する場合にはストリーミングのみとなっています。

現在のネット環境では4Kストリーミングはまだまだ帯域が心もとないだけに、4Kを真に楽しむにはドライブ対応は不可欠。このモンスタースペックなPS5の登場で、4Kをフルに楽しめる環境が整うと良いのですが。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら