Google Pixel 3 Liteのレンダリング画像が登場、通常のベゼルでSoCもローエンド向け

日本でも好調な売上を記録しているGoogleのPixel 3ですが、その廉価版であるPixel 3 Liteをリリースするようです。OnLeaksなどが公開した、Pixel 3とPixel 3 XL Liteのレンダリング画像が話題となっています。

Liteシリーズは、小さい方が5.5インチ、大きいXLが6インチのディスプレイを搭載しています。Liteと付くだけあって、価格を抑えるためか、通常のPixel 3 XLでは採用されているノッチ付きディスプレイが、通常のベゼルの前面デザインとなっています。エッジレスディスプレイの実現には、やはり製造コストがかかりすぎてしまうということなのでしょう。

Googleはそのほかにも、Snapdragon 710や670を採用すると言われており、QualcommのローエンドSoCを採用することで安価での販売を目指しています。また、ヘッドフォンジャックも採用しているものの、メインカメラは依然としてシングルカメラなようです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら