グーグルのWaymoが自動運転タクシー「Waymo One」をスタート

Googleを傘下に収めるAlphabetの子会社であるWaymoは、自動運転のタクシーサービス「Waymo One」をスタートさせると発表しました。商用サービスは当初米アリゾナ州のフェニックス地区で開始します。

このサービスは、まだ誰もが使えるわけではありません。このサービスは、Waymoの早期ライダープログラムに参加したフェニックスの住民が招待されています。招待者はアプリを使って自動運転タクシーを呼び寄せることができます。早期ライダープログラムは、Waymo Oneに移行しても一部のメンバーは継続されるようです。

Waymo Oneと初期のライダープログラムの主な違いの1つは、サービスについての意見を公言できるようになるということです。これは初期ライダープログラムのメンバーにはできないことです。Waymo Oneのプログラム参加者であれば、友達や家族を連れて来ることができます。

Waymoは、セーフティドライバーなしに自動運転車をテストしていましたが、Waymo Oneのすべての車には、車を監視するセーフティドライバーがいます。 Waymo Oneは、より多くの車両を追加し、カバレッジエリアを拡大することで、さらに多くのメンバーに開放するとしています。

Waymo Oneは、チャンドラー、テンペ、メサ、ギルバートのエリアで24時間365日利用可能になります。そして、フェニックス地区のより多くの地域に徐々に拡大されます。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら