iPhoneに限り高画質写真を無料・無制限でアップロードできるGoogleフォトのバグ

先週、iPhoneユーザーが元サイズの写真をGoogleフォトに無料でアップロードできるという抜け穴が発見されました。どうやらグーグルはこのことを察知し、彼らがバグと呼ぶこの現象を修復する予定だという

Android Policeに寄せられた声明によると、Googleの広報部は「バグのことは承知している。修正に向けて動いている」としている。これは少し残念なことですが、もしこれまでバグの恩恵に預かっていたのであれば、写真の品質を落とすか有料プランに移行するかを準備する必要があるでしょう。

Googleフォトとユーザー階級に詳しくない読者のために補足すると、Googleは無料で無制限に写真をアップロードできるプランを提供しています。しかし、このプランでは一定の解像度かファイルサイズしか受け付けません(あとは圧縮されます)。スマートフォンなら問題ないですが、オリジナルのRAWデータを保存するためのストレージサービスを探しているプロの写真家向けではありません。

しかし、Googleフォトでも自身のストレージを使うのであれば元の品質で写真をアップローのすることができます。そのためには、容量に応じて利用料を支払う必要があります。過去には、GoogleのPixelスマートフォンに限り、元の品質でGoogleフォトに無制限にアップロードできたみたいですが、Pixel 4からその機能を廃止した模様です。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら