登場間近のノイキャン付き「AirPods Pro」は260ドルと高価格帯になる?

だいぶ前に、アップルがノイズキャンセルを搭載した新型AirPodsを準備中とのウワサを聞いていました。iOS 13.2のベータ版に、デバイスのローンチを予感させる、ウワサされていた新型AirPodsのアイコンが確認できたようです。

China Economic Dailyによると、新型AirPodsの登場は間もなくとしています。記事では、この新しいデバイスが「AirPods Pro」と呼ばれ、アップルの新しい命名スキームに則ったものになりそうです。

記事では、ノイズキャンセリングの機能が搭載されるとすると強く主張しており、価格も260ドルと高額になるとしています。現行モデルのAirPodsは、159ドルのノーマルタイプと、ワイヤレス充電に対応したケースが付属する199ドルの2バージョンがありますが、260ドルとなると100ドル以上も価格が跳ね上がってしまい、アップルが市場に受け入れられる価格と考えているのかは知る由もありません。

一般的な共通認識として、AirPodsは便利なアイテムであり、イヤホンの中では最高音質というわけではありません。そのため、ノイズキャンセリング機能が追加されただけで260ドルになるというのは、少し高すぎるように思います。どちらにせよ、公式の発表を待った方がよいでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら