アマゾンが新型「Fire TV Cube」を発表!4K/60fps再生やAlexaに対応

もし、新しいテレビボックスに興味を持っているなら、アマゾンが発表した最新のFire TV Cubeに関心を寄せるでしょう。デザインは、前モデルと基本的なところは同じですが、中身は刷新されています。

アマゾンによると、新しいFire TV Cubeは、ヘキサコアプロセッサに刷新されており、同社では前モデルより2倍高速になったと謳っています。さらに、Dolby Visionと4K UHDコンテンツを4K/60fpsで再生できます。もちろん、アマゾンデバイスなら期待したい、Alexaもサポートします。

これは、Fire TV Cubeを音声のみで操作できることを意味します。コンテンツのスクロール、ホーム画面への移動、選択を含みます。Amazon Fire TVのバイスプレジデントを務めるMarc Whitten氏によると、「数年をかけて、マルチルームミュージック、フォローアップモード、Alexaとの会話をベースに、Fire TV Cubeの体験の拡張と高度化を実現しました。これらの鍵となる技術により、第2世代のFire TV Cubeを開発しました。われわれは、全世界の顧客に新しくかつ革新的な体験を提供できることを楽しみにしています」と述べています。

新しいFire TV Cubeは、10月10日に120ドル(日本では税込1万4980円)で出荷される予定です。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら