PS4、販売数量1億台を突破

言うまでもなく、ソニーのPlayStation 4は、市場で最も人気のある家庭用ゲーム機の一つであり、最新の数字によれば、この世代のゲーム機として最も成功したものと言えるようです。というのも、同社がこれまでに1億台ものPS4を販売したと明らかにしたからです。

発売から6年、PS4の販売は実際には減速しているものの、正直なところ驚くことではありません。これは、Microsoftとソニーの両社が次世代コンソールを既に開発中であると公表しており、現行世代の家庭用ゲーム機が終わりに近づいているためです。

これまでのところ、MicrosoftはXbox Oneの公式販売統計を公表していないが、おそらくこれはソニーと比較されたくない意図があることでしょう。Nintendo Switchも好調で、2018年のAmazonサイバーマンデーでベストセラーのゲーム機となるなど、一定の評価を受けています。

日本では、SwitchがPS4の販売数量を超えたものの、グローバルの数字では任天堂がソニーに追いつくまでにはかなり長い道のりがあると思われます。PS5が発売される前に、ソニーがどこまで販売数を伸ばすのか、興味深いところですね。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです。

原文はこちら