ズームできるコンタクトレンズ、米大学が開発

私たちの「目」が機能として持っていない能力の一つが「ズームイン」です。つまり、遠くから物を見ようとするときは、ズームレンズを備えたカメラや双眼鏡などの機器に頼らなければなりません。しかし、カリフォルニア大学サンディエゴ校の科学者たちのおかげで、目を瞬くだけでズームインできるコンタクトレンズが開発されました。

これは、伸縮性のあるポリマーフィルムを用いたレンズを製作、実現したもので、レンズを動かすのに必要なのは瞬きだけ。外付けのアクセサリーやガジェットを使わずとも、遠くの物に”ズームイン”することができるんです。

しかし、コンタクトレンズを使ってズームできることに興奮したあなた、よく考えてみてください。コンタクトレンズの開発はまだ初期段階で、試験中には眼の周囲に電極を配置して試作品を調整しなければならず、実用化には至っていません。

研究者らによれば、将来的にはこのレンズが、調節可能なメガネや義肢、あるいは遠隔操作のロボット工学への応用を期待しているそうです。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです。

原文はこちら