一部の新型MacBook Airにトラブルか…アップルが無償修理を準備中?

もし、リニューアルしたMacBook Air 2018年モデルのオーナーであれば、何らかの問題に遭遇した経験があるかもしれません。もし該当するのであれば、同モデルのロジックボードで見つかった問題に対処するため、無償で修理するというアップルの内部文書に興味を持つかもしれません。

記録によると、アップルはMacBook Airのみに潜むロジックボード上のトラブルを確認したようです。もし、別のノートブックユーザーであれば対象外なので心配する必要はありません。ちなみに、アップルでは、電源に関して何らかの問題があるということを除き、問題については公表していません。

しかし、この問題がユーザーの不満がベースになっているのであれば、かなりの数のユーザーが電源が入らないということで不満を漏らしていたことでしょう。MacBook Airがフルリニューアルされたのは2018年です。この問題がどのように広がったのかはいささか不透明ですが、アップルでは出荷日から4年間はサポートするとしていますので、もし動作しなくなった場合でもそこまで心配する必要はなさそうです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら