Android、目に優しく、電池持ちも良くなる「ダークモード」を搭載へ #io19

Androidユーザーは長い間、GoogleにOSのネイティブテーマを求めてきました。同社はこれをAndroid Q、モバイルOSの次のメジャーアップデートで紹介するかもしれないという報告が以前からありました。グーグルはGoogle I/O 2019の開発者会議で、確かにAndroid Qのダークテーマがあると発表しました。

それは、ユーザーが長い間これを求めていて、そしてそれが彼らに耳を傾け、Android Qのためにダークテーマを開発したことを認めました。画面上部のクイック設定メニューに切り替えを用意し、この切り替えをタップすると、システムのUIが白から黒に変わります。

グーグルは、このモードは電池寿命にも役立つはずだとも指摘しています。これは、暗いテーマでは点灯するピクセルが少なくなるため、特に有機ELディスプレイ搭載スマホがその恩恵を受けることになり、少なくとも理論上は、バッテリー寿命が向上するはずです。Android Qのダークテーマは、スマホをバッテリー節約モードにすると自動的に有効になる機能も用意するようです。

同社はまた、同社のすべての自社製Androidアプリが暗いテーマで動作することを確認しました。そのため、Googleが暗いテーマをサポートするように更新するにはしばらく時間がかかるかもしれませんが、ユーザーはOS全体で一貫したエクスペリエンスを得ることができます。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら