Androidデバイス、25億個を突破へ #io19

Androidは世界で最も広く使用されているOSであり、新しいマイルストーンを乗り越え続けています。グーグルは本日の開発者会議「Google I/O 2019」で、世界中で25億以上のアクティブなAndroidデバイスが使用されていることを好評しました。この数字は、GoogleのAndroidディレクター、Stephanie Cuthbertsonによって明らかにされました。

同社は、これら25億のアクティブデバイスは180社の異なるハードウェア企業によって製造されていると強調。例えば、飛行機の中でシートバックエンターテインメントディスプレイにもAndroid搭載デバイスを見つけられている状況であり、いわゆる「Androidスマートフォン」だけではありません。

世界中で使用されているAndroidデバイスの数を明らかにすることに加えて、同社は6か月以上ぶりにAndroidのディストリビューション番号も公開しました。最後に見たのは2018年10月です。

最新のデータによると、GoogleのモバイルOSの最新版であるAndroid 9 Pieが、Androidデバイスサンプルの10%で動作しています。Android 8.1と8.0はそれぞれ15.4と12.9パーセントのデバイスを占めています。Android 6.0は現在、16.9パーセントの配信で最大のシェアを占めています。

Googleは今年中にAndroid Qの発表を準備しています。なお、Android Q Beta 3が21ブランドのスマートフォンに適用できることを発表しています

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら