Googleマップ、検索履歴を残さない「シークレットモード」を追加へ #io19

グーグルは、ずっと以前にChromeブラウザにIncognito Mode(シークレットモード)を導入しました。閲覧履歴を一時停止するので、そのモードでアクセスしたWebサイトは履歴に記録されません。また、ブラウジングセッション中に生成されたデータは、Googleアカウントにリンクされません。同社は、シークレットモードをより多くのサービスに拡大しており、本日、Googleマップでも利用できるようになることを確認しました。

YouTubeは昨年の夏にIncognito Modeを用意し、今度はそのマップ版になります。同社は本日、2019年の開発者会議「Google I/O 2019」で、Googleマップが間もなくシークレットモードになることを確認しました。それはあなたがあなたのディスプレイの写真をタップしたときに現れるアプリの新しいGoogleアカウントメニューを通してアクセス可能になるでしょう。

シークレットモードが有効になっていると、検索して移動した場所はGoogleアカウントにリンクされません。上部の灰色のバーは、シークレットモードで場所を探していることをユーザーに通知します。

これはきちんとした小さな機能で、確かにChromeブラウザでも一定のファンがいます。グーグルがそれをマップにももたらしているのを見るのは良いことです。GoogleはGoogleマップでシークレットモードの正確な日程を提供していませんでした。それは「もうすぐ」ということだけを言っています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら