1000枚が上限になる無料Flickrユーザーの投稿仕様、3月12日に延期

Flickrは、昨年新しい料金プランを導入しました。Pro版では50ドルを支払うことで、写真を無制限に保存できるようになります。一方で、無料アカウントの画像アップロード数を1000回に制限することも決めました。Flickrは2月5日までに画像の削除を進めるため、制限を超えたユーザーは50ドルを支払うか、アーカイブのダウンロードを実行するように注意を促していました。しかし、ユーザーからの要請もあり期間が延長されました。

米Yahoo!は昨年SmugMugにFlickrを売却し、Flickrのビジネスモデルは大きく変更されましたが、ユーザーにはそれほど高く評価されませんでした。熱心なユーザーは膨大な画像をアップロードしていますが、無料ユーザーを継続するには、1000枚にうまく収めるか、最も古いものから順に画像を自動削除されるかの二択になっていました。

USA Todayは、Flickrが削除期限を3月12日まで延長することを決定したと報じています。これにより、Flickrが画像を削除する前に、ユーザーは自分のアーカイブを順番にダウンロードする猶予がもう少し設けられることになります。SmugMug VPのScott Kinzie氏は、期限を延長する決定はユーザーからの要望を受けて行われたと述べています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら