サムスンが25倍ズームのカメラ技術を持つ企業に興味津々のようす

最近、OPPOが10倍ズームを搭載するスマートフォンの開発に取り組んでいることが報告されました。以前、同社は5倍のロスレスズームが可能なスマートフォンを発売しており、10倍は大きなステップアップです。しかし、将来的には、OPPOが新しいサプライヤーを探し始める必要があるかもしれません。

噂によると、サムスンがOPPOの5倍ロスレスズームカメラモジュールの開発を支援してきたイスラエルを拠点とする企業、Corephotonicsの買収に関心を持っている可能性があるようです。おそらくこの買収により、サムスンは自社のポートフォリオとスマートフォンが提供する機能を強化することができるでしょう。

現時点でのCorephotonicsの最新製品は、驚異的な25倍ズームが可能なカメラモジュールです。サムスンがこの契約の締結を計画しているのか、あるいは両社が現在協議中であるかどうかについては、まだ何も公式な声明は出ていません。

そうは言っても、この動きが驚きであるとは言えません。サムスンのスマートフォンは非常に高品質な撮影が可能であると知られていますが、グーグルやファーウェイなどが急速に追いかけてきており、カメラ機能の強化には大きな意味があります。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら