初代Apple Watchなどを修理に出すとSeries 2になって帰ってくる?

Apple Watch Series 0とSeries 1は登場から非常に古くなっているのにもかかわらず、Appleがまだ修理を受け付けてくれるのは良いことです。しかし、古いデバイスの問題は、スペアパーツやコンポーネントを生産しつづけるリソースが確保できなくなってくる可能性があるということです。

良いニュースとしては、修理が必要な古いApple Watchを持っているのであれば、Series 2が代わりに提供される可能性があると言うことです。これは、MacRumorsが情報源から入手した文書によるもので、Appleは現在、古いApple Watchに代わるデバイスとしてSeries 2を顧客に提供するようだ。

これはいくつかの部品が明確に不足しているためですが、それがどの部品である可能性かは言及されておらず、このアップグレードの“資格”を得るために、どの問題が該当するかは不明です。また、このアップグレードはApple Watch Series 0およびSeries 1に対してのみ行われるため、新しいモデルではこれに該当しません。つまり、Apple Watch Series 2がSeries 3になるということはありません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら