ベンチマークアプリの「AnTuTu」がスマホのAI機能をテストへ

人工知能は、昨年のスマートフォンに浸透したバズワードです。メーカーは、強力なAI機能を自社のデバイスに真剣に取り入れようと取り組んでいます。そのため日々、専用の人工知能チップを搭載したモバイルプロセッサを目にするようになりました。そこで、デバイスのAI性能を測定するために、AnTuTuは新しいベンチマークを開始しました。

AnTuTuは、クイックかつ強力なベンチマークアプリとして一番知られています。測定したスコアは、AnTuTuを実行している他のデバイスのスコアと比較して判断できます。人工知能についても同じです。さまざまなスマートフォンのAI性能を判断するための定量化できる機能を提供すべく、AnTuTuが開発している「AI Review」というアプリではチップメーカーとも協力しています。

ベンチマークアプリは、画像分類とオブジェクト認識のカテゴリに分かれています。前者は、Inception v3のニューラルネットワークをベースに、200枚の画像のテストデータをレビューします。後者はMobileNet SSDニューラルネットワークに基づき、600フレームのビデオをレビューします。

その後、アプリはオリジナルのニューラルネットワークを、提供されているSDKを通じて、HiSiliconやQualcommなどのチップメーカーがサポートしているニューラルネットワークに変換します。チップがもしAIアルゴリズムをサポートしていない場合、AI ReviewはベンチマークとしてTFLiteを使用するため、結果として信頼性が低いと説明しています。

評価基準は簡単です。スコアはスピードと正確さに関連しています。スピードが速くなればなるほど、精度が上がり、最終スコアも上がります。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら