Huaweiがノッチなし、でもディスプレイ上に穴が開いた「Nova 4」を発表

最近、スマートフォンの話題になると出てくる言葉「ノッチ」。オバマ元大統領で話題だった芸人ではなく、iPhone Xで有名となったノッチですが、ディスプレイに突き出ている余計な物という印象も拭えません。ノッチ付きディスプレイの先駆者であるHuaweiが、邪魔者のノッチを排除した一つの応えをHuawwei Nova 4として発表しました。

トップの画像からわかるように、Huaweiはフロントカメラがディスプレイ内に配置されています。これは、Samsungが先日発表したGalaxy A8と同様のデザインであり、ノッチを克服するための一つの方策と言えそうです。もしかしたら、今後の一つのトレンドとなるかもしれません。

Nova 4は、25MPのフロントカメラと、背面にも3つのカメラを備えています。トリプルカメラは、4800万画素の超高画素センサーに加えて超広角の1600万画素センサー、2MPの深度センサーです。P20 Proにも使用されていたKirin 970を搭載し、6.4インチの2310×1080 PixelのIPS液晶、8GB RAMを採用しています。USB-Cでは18Wの高速充電が可能なほか、128GBのストレージ、リアの指紋認証、3,750mAhバッテリーなどの仕様です。

ディスプレイに開いた円形の穴は控えめ…とはいえないでしょう。どのデザインがより良いものであるかは、まだまだ多くの議論があると言えます。ノッチ自体を嫌う人にとっては、ベゼルレスデザインの製品の中では有力な選択肢の一つと言えるでしょう。P30 Proのレンダリング画像は現状、ノッチが残っています。Huaweiスマホを使いたいけどノッチは…、という人はNova 4に乗っかるのもいかがでしょうか。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら