16個のカメラをスマホに搭載する技術をLGが開発 特許で判明

ファーウェイが3つカメラを搭載したスマートフォンを発表し、多くの人が多眼カメラの分野でファーウェイがリードしていたと認識していたのは事実です。しかし、サムスンはクアッドカメラのスマートフォン「Galaxy A9」を発表し、LGも16のカメラを搭載したスマートフォンという独自の方法でこれに応えようとしています。

LetsGoDigitalによって最近見つかった特許によると、LGが背面に16個のカメラを持つスマートフォンの特許を申請したようです。多くのカメラを搭載することで、ユーザーは多数の角度から情報をキャプチャできるようになると思われます。

つまり、より正確な3Dムービーを作成したり、写真を操作してオブジェクトを移動したり置き換えたりできるということです。Facebookなどでは、新型iPhoneで撮影した3D写真をアップロードできるようになっており、ユーザーは3Dで写真を見たり、通常では見えない角度から写真を楽しめます。

ただし、これは特許であり、LGが商品化させるかどうかは分かりません。このようなデバイスを目障りなく設計するのは非常にハードルが高くなるでしょう。あなたはどう思いますか?LGの技術が未来のスマートフォンの一部になるのでしょうか。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら