サムスンの次期スマホはノッチレス? 保護フィルムの写真が流出

今のところ、多くのスマートフォンでノッチデザインが主流です。これは、ディスプレイの大型化とカメラやセンサーの配置など、企業の工夫の現れです。しかし、流出した画面保護フィルムの写真により、サムスンがノッチディスプレイに対し、新しいアイデアを持っていそうなことが判明しました。

この写真は、SamsungMobile NewsのSlashleaksにアップロードされたものです。保護フィルムには、左上隅に穴が開けられています。もし、この写真に既視感を抱くのであれば、今月初めにサムスンが提出した特許に、同じようなディスプレイがあったからかもしれません。

これは、サムスンによるノッチへの見解であり、巨大な切り欠きの代わりに、おそらく数種類のセンサーが配置された小さな円形の切り欠きを選択したようです。しかし、このようなデザインが発表されたのは今回が初めてではありません。サムスンは以前、最先端の全画面ディスプレイを備えたスマートフォンはノッチレスを主張してきましたが、これがその解決策になるかは誰もわかりません。

ノッチを批判する人は多く、潜在的にシームレスなデザインになる可能性があります。 Oppoのような一部の企業では、ポップアップカメラを使用することでノッチレスの道を開きましたが、このような設計は機械的な故障につながる可能性が高いのも事実です。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら