ボットが電話予約する「Duplex」がPixelで使えるように 米国限定

今年のGoogle I/Oで、同社は「Duplex」と呼ばれる新しいAIシステムを発表しました。これは、人間の代わりにDuplexが店舗への予約などを行うもので、人間の声として十分に聞こえ、質問にも答えることができ、ボットと話していることに誰も気づかなかったということで、物議をかもした技術です。

VentureBeatがグーグルのスポークスパーソンに確認したところ、Duplexは現在より多くのユーザーが利用できるようになったことが明らかになったようです。これまで、AI機能は「信頼できるテスターユーザーのみ」でしか利用できませんでしたが、Pixelユーザーに広く提供を開始したとのことです。

この機能は、ニューヨーク、アトランタ、フェニックス、サンフランシスコを含む「選ばれた都市」でレストランを予約することができます。グーグルによると、「現在、Googleアシスタントを通じ、Duplex技術を使って電話でレストランを予約する件数が増えています。Pixelユーザーと企業に良い経験を提供するために、サービス開始が遅れています…が、今後もPixelユーザーに拡大していく予定です」としています。

Googleは、Duplexへの批判としてこれまで、ボットと話している可能性があり、会話が録音されていることを他人に表明すると回答しています。上の動画では、サンフランシスコのCafe Pragueというレストランで、VentureBeatが記録したDuplexのデモを見ることができます。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら