延期されていたWindows 10 October 2018 Updateの配信を再開

マイクロソフトは、延期されていたWindows 10 October 2018 Updateの配信を再開したようです。もともとは、10月の最初の週でリリースする予定でしたが、アップデートインストール後にデータが消失してしまうバグが発生してしまったため、アップデートの配信を停止していました。同社は、問題を解決し、改めて配信を再開しました。

マイクロソフトによると、徹底的な調査と関連するすべての問題を解決するために配信を一時停止したとしています。Windows Insidersからのフィードバックやデータの解析を通して、確実にデータ消失の問題を確実に解決しようと注意深く監視していたといいます。

同社は、配信を再開した後も結果を慎重に見極めつつ、数週間のうちに段階的により多くのデバイスで利用できるようにすると付け加えています。マイクロソフトは、再び同じような問題にユーザーが遭遇しないようゆっくりと提供しています。

マイクロソフトは、デバイスの準備が整ったとするデータをもとに、Windows Updateを通じてユーザーにOctober Updateを提供すると発表しました。互換性のないアプリなどデバイスに問題があると検出された場合、その問題が解決されるまでアップデートはインストールされません。上級ユーザーは、設定の「アップデートの確認」オプションから手動でアップデートをインストールすることができます。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら