日本政府、Facebookにユーザーデータ保護の改善を要請

Facebookのデータ欠落は世界中の人々に影響を及ぼしており、日本においてもこれは例外ではありません。日本政府はこのほど、Facebookに対しサービス利用者の個人情報保護を徹底するよう要請しました。さらに、今後のセキュリティ対策について規制当局に告知することも望んでいます。

日本政府は、今回のセキュリティ問題について全てのことをユーザーに話すよう同社に要請しており、またプラットフォーム上のアプリプロバイダーの監視を増やすよう求めています。3000万人に近いユーザーの個人情報を漏洩させたハッキングについても、明らかにするようにとしています。

このハッキングは米国の中期選挙に先立ち、有権者に影響を与える目的でされた可能性があると最初は報告されていましたが、その後、ハッカーたちは粗悪な広告を売るためにこれらのデータを使いたいだけだったと分かりました。

Facebookは、このインシデントについてダメージコントロールの姿勢に入ったと思われ、また大手サイバーセキュリティ会社の買収も検討していると報道されています。

これはただプラットフォームのセキュリティを改善するだけでなく、自分たちがセキュリティの問題に真剣に取り組んでいると世間に見せるための良いPR活動であるとも考えられます。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら