Honor 8Xはリーズナブルでプレミアムな6.5インチスマートフォン

Honor 8Xは、ハイエンドスマートフォンのように見える6.5インチのフルスクリーンデザインを搭載したリーズナブルなスマートフォンです。手に持っていてもチープに感じませんし、実際の価格を聞いて多くの人は驚くでしょう。

しかし、それはHonorシリーズにとって珍しいことではありません。以前、私たちはHonor Playをレビューしました。これは、Honor 8Xの予想価格である330ドルよりわずかに高い、ゲーム中心のスマートフォンです。このブランドは常に「価格に対するクオリティ」に関して、電池容量や性能、ディスプレイの品質など、私たちのデータでもハッキリと評価されています。

プロダクトデザインは、外観と質感が良く、100ドル以上の競合モデルに匹敵する可能性があります。端末は、アルミフレームに古典的なガラスを二重にサンドイッチした構造となっています。これは実績のある設計であり、Honorはそれを巧みに調整して部品と組み立てのコストを削減しています。

巨大な6.5インチIPSディスプレイは、2340×1080ピクセル(396ppi)の解像度を持ち、1600万色を再現することができ、日光下で快適に使用できるよう比較的明るいバックライトを採用しています。ディスプレイは、価格と品質で高いバランスを保つよう注意深く選定されており、ボディ比84.4%の画面占有面積を誇ります。

SIMトレイとMicroSDXCを兼ねたスロットが左側にあり、下部には3.5mmのオーディオポート、データ転送と充電用のMicroUSBコネクタがあります。これは、端末の高級感にふさわしくないコスト削減策と言えるでしょう。

ボディ背面には、魅力的なF1.8レンズを備えた20メガピクセルのカメラと、ポートレート撮影用の被写界深度センサーとして機能する2メガピクセルのカメラが搭載されています。フロントカメラは、F2.0で16メガピクセルのイメージセンサーを内蔵しています。

中を開けると(やってはだめです)、HiSilicon(Huaweiの子会社、Honorと同じ)のKirin 770プロセッサが内蔵されています。優れたパフォーマンスを発揮しますが、現行ハイエンドスマートフォンには届きません。Honor Playは予算に敏感なパワーユーザーのためのスマートフォンになり、Honor 8Xは、ソーシャルメディアやエンターテイメントを楽しむ、よりカジュアルなユーザー向けの端末です。

しかし、Honor 8XにはGPU Turboが搭載されています。この機能は、サポートされている特定のゲームのパフォーマンスを向上させる機能です。

バッテリーは3750mAhと優れた容量を持ち、高い出力密度を実現します。これは、iPhone XS Maxよりも優れています。驚くべきことではありませんが、端末価格とバッテリーサイズの関係は、ハイエンド端末ほど飛躍的に増加します。

私たちは、昨年のHonor 7Xの時のように、Honor 8Xの完全な、徹底的なレビューを出せることを楽しみにしています。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら