KDDIが「キッザニア」を運営するKCJ GROUPの株式の過半を取得

KDDIは10月1日付で子供向け職業体験施設「キッザニア」を運営するKCJ GROUPの株式の過半を取得し、子会社化したことを10日に発表した。

子会社化に伴い、両社は「キッザニアを通じたこども達の生きる力を育むための学びの機会と5G、IoTなどなど先端技術を融合し、こどもの成長における新しい体験価値の共創を目的とした包括的パートナーシップを構築した」と発表。今後はKDDIの手がける次世代通信規格・5GやIT技術を取り入れた「未来の職業体験」を全施設に取り入れていく。また、2020年に国内3か所目となる施設を名古屋で開業することも併せて発表された。

「キッザニア」は企業がスポンサーとして付くことで、子供たちは様々な業種の仕事を実体験することができるのが最大の“売り”である。今回の包括的パートナーシップによって今後はキッザニアの外で仕事を体験する「Out of KidZania」の取り組みを拡大させるとも発表されており、今後は企業の仕事だけではなく、農業や漁業といった第一次産業。さらには伝統工芸などの職人の仕事も体験できるようになるという。

現在、KDDIは5G、IoTを使った農業や漁業で活用する実験を行っており、実用化が進めば第一次産業の未来は大きく変わるとも言われている。こうしたIT技術を活用した第一次産業を「Out of KidZania」で体験することもできるようになるとも言われており、子供たちはキッザニアでまさしく“未来の仕事”を体験することができる……というわけなのだ。

今回のKDDIとKCJ GROUPの包括的パートナーシップにより、IT技術と職業体験、そして教育という、まるで接点のないコンセプトが見事に融和することで、子供たちの未来を大きく変えようとしている。また、記者会見では「エデュテイメント(Edutainment)」という言葉がしきりに聞かれた。この言葉は「楽しみながら学ぶ」という意味で、子供たちは楽しみながら未来の仕事をキッザニアで学ぶ日が来る日も近そうである。