モバイルに焦点を当てたSNS「Path」が10月に終了

一部の人は、モバイルにフォーカスしたソーシャルネットワーク「Path」を思い出すでしょう。一時期は、Facebookの競争相手と呼ばれた時もありました。Pathは、スマートフォンのためにゼロから構築され、より小さなグループに焦点を当てていました。そのため、SNSとしてFacebookのライバルに近くはなく、大きく普及したとは言えませんでした。

同社は、公式ブログの投稿を通じて、Pathが2018年10月18日に閉鎖されると発表しました。同サービスは2010年に開始され、当初は十分に賑わっていたものの、チームは“サービスの終了は避けられない”としています。

チームは、10月1日にApp StoreとGoogle PlayストアからPathアプリを削除します。サービス自体は10月18日に閉鎖されます。翌月15日には、Pathの全顧客のサービスチャネルもシャットダウンするとしています。

ただし、10月18日より前であれば、ユーザーは画像、テキスト、動画を含むデータを取り出すことができます。バックアップ専用サイトにアクセスして、自分のアカウントでログインすると、バックアップファイルへのリンクが電子メールで送信されます。