富士フイルムは今のところフルサイズを意識していない

ミラーレスカメラ市場では、ソニーがフルサイズ部門を支配していましたが、ニコンやキヤノンの参入により、そのポジションが脅かされかけています。これは、フルサイズなミラーレスシステムへの関心が高まっていることを示していますが、富士フイルムは今のところ避けている市場のようです。

スペインのウェブサイトalbomedia(Fuji Rumors経由)のレポートによると、同社は最近スペインで新型カメラ「X-T3」の記者会見を行いました。今回のイベントでは、富士フイルムはX-T3のAPS-Cシステムとフルサイズシステムを比較しました。現在のシステムは、サイズ、重量、価格とすべての点で優れていると主張しています。

同社は、フルサイズ市場への参入を計画しているかどうかという質問に対して、「私たちは光学系を最初からやり直さなければならないだろう。それは今や意味をなさない」と答えています。富士フイルムは、何年にもわたって同様の質問を受けており、その回答が前進しているようには見えません。

これは、富士フイルムのファンや、フルサイズシステムの導入を始めたいと考えているユーザーにとって、あまり期待できないことを意味します。同社では、別のフォーマットである中判カメラ「GFX 50R」を来週早々にも発表すると言われています。