iOS 12 Beta CodeがFace ID付きiPadへのステップに

    iOS 12 Beta CodeがFace ID付きのiPadのヒントを与える

    これまでにApple社が今年Face IDでiPadを発売する可能性を示唆する報告がいくつもありました。開発者は、最新のiOS 12ベータ版のコードを掘り下げ、iPad用の新しいアバター生成機能を発見しました。これによって、同社が実際にFace ID付きのiPadを発表する可能性が高くなってきました。
    世間によく知られるiOS主導の開発者Steve Troughton-Smith氏は、AnimojiとMemojiの機能を活かすため、Appleが使用するフレームワークであるAvatarKitが最新のiOS 12ベータ版で、iPadと同様の画面サイズをサポートするよう変更したことを発表しました。

    添付のスクリーンショットには、iPadスタイルの画面にAnimojiインターフェースが表示されます。これは今まで目にしてきたものと違い、Apple社がTrueDepthのカメラシステムを使ってiPadを開発しているという情報によるものです。

    現行の実装では、インターフェースはiPhone XのようにFace Trackingを行いません。なぜならそれは、ホームボタンのセンサーアレイを機能させるためです。これは、Apple社が近い将来に発売するFace ID搭載のiPad用のコードに基盤を置いているという大きなヒントです。
    今年の夏にFace ID付きの新しいiPadが発売される可能性があると、いくつかの報告から推測できます。Apple社は、これまでのところFace ID機能搭載iPadに関連するものを肯定も否定もしていません。

    編集部が日本向けに翻訳編集したものです

    原文はこちら