Apple、2020年iPhoneに5nmチップセットと5Gを採用へ

Appleは何年も前から、より微細な製造プロセスでチップセットを製造しようと取り組んできました。今年のiPhoneに搭載されているA13チップセットは7nmプロセスで製造されているが、日本経済新聞の報道によれば、iPhoneの2020年モデルには、より小さな5nmプロセスで製造された新しいチップセットが搭載される可能性があります。

これがエンドユーザーにどのような影響を与えるのか疑問に思っている人のために説明すると、基本的には小さなプロセスを使用することで、より多くの処理性能を小さなスペースに詰め込むことができます。最終的には、理論的には、より効率的で強力なチップセットになるうえ、サイズは小さくなり、他のコンポーネントのためにより多くのスペースを使用できるようになります。

Appleの5nmプロセスへの移行は、それほど驚くことではありません。実際、どちらかといえば、彼らがそうするのは時間の問題だった。これは他の企業も取り組んでいることではあるが、A13チップセットにどのような改善が見られるのかはまだわからないので、もう少し様子を見る必要があります。

より小さなプロセスに加えて、レポートでは2020年のiPhoneは5Gを搭載しており、AppleはQualcommのX55 5Gモデムを利用すると予想されるという噂を追認しています。Appleが独自のモデムの開発に興味を持っているという報道もあるものの、近いうちに発表されることはないとみられます。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら