Appleの新ARデバイス「Apple Glasses」、2020年に登場?iPhone連携でユーザーの視界にデータ表示

AppleのARヘッドセットに関するニュースはこれまでもたびたび報じられてきましたが、今回はBloombergが新たなリリース予定について報じています。

この記事によれば、Apple Glassesのリリーススケジュールは2020年とのこと。これは、これまでにも一部で報じられており、Bloombergが追認したという意味では信頼性が上がったかもしれません。

また、リリース時には多くの機能変更があるかもしれないものの、その機能性についても詳報が出ています。Apple Glassesは、スタンドアローンではなく、装着者のiPhoneと同期してテキストやメール、地図、ゲームなどの情報をユーザーの視界に表示する様子。

うまくアプリを使用できるようにしながら視界の妨げにならないように表示するUI設計がどこまで作り込まれるかは、Appleの腕の見せどころでしょう。また、このヘッドセットは専用のApp Storeにも対応するとのことで、最高のロンチスタートを切るために、Appleはグラフィックスとゲーム開発の専門家を雇ったとしています。

AppleとしてはGoogle Glassのように失敗したくないという思いがあると見られますが、一般ユーザーにとってどれだけ役に立つのか想像するのは現状では難しいところ。

AppleがAR技術で何かを確立したという具体的な兆候は現時点で見えておらず、そのため発売予定日がまだ揺れているとのこと。特にBloombergは、Appleが「まだ魅力的な選択肢となるようなアプリを開発していない」と酷評とも取れるコメントを残しています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら