プレステ5は2020年末発売とソニーが発表! コントローラー進化で「抵抗感」なども再現可能に

ソニーが次世代のプレイステーションを準備中であることは誰もが知っているところであり、いつそれがリリースされるのかという疑問がずっとありました。これは、PS4に乗り遅れた一部のゲーマーにとって、現行モデルを飛ばしてPS5を購入するか選択する必要があり、とても重要だからです。

良いニュースとして、ソニーはPS5を2020年のホリデーシーズン(年末)に発売すると発表しました。正確な日時は不明ですが、2020年のホリデーシーズンと明言したことには変わりありません。もし、まだPS4を欲しいのであれば、PS5がリリースされるまでまだ1年あることをお伝えしたいと思います。

これは、PS5は今後12カ月以内に発売されないとした以前の報道とも一致しています。ソニーは本体の詳細をまだ明らかにはしていませんが、最新のブログ記事によると、PS5のコントローラーにはいくつかの変更が加えられるとしています。これには、現在の「ランブル」技術を触覚フィードバックに置き換えることも含まれており、これはゲーマーが感じる振動が、Nintendo Switchの「Joy-Con」のように、よりニュアンスのあるものになることを意味しています。

また、「アダプティブトリガー」もL2/R2ボタンに導入される予定で、これによって開発者はトリガーの抵抗感をプログラムできるようになり、弓や矢を引いたり、険しい地形の中で加速したりといった、特定の状況下でゲーマーがよりリアルな感覚を味わえるとソニーは説明しています。同社によると、PS5の詳細は今後1年以内に公開される予定だとしています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら