タッチパネルの文字入力、Appleの新特許で長文入力も楽ちんに?

タッチスクリーンのキーボードでタイプすることは、短いメッセージを送るにはもはやなくてはならないものとなりましたが、ご存知のように、長い文書やメールをタイプするには面倒です。これは、実際の物理キーボードではなく仮想キーボードでタイプしたときに得られるフィードバックがないことが一つの理由として挙げられますが、Appleはそれを改善する方法を知っているかもしれません。

最近発見されたAppleの特許の中で、Appleはタッチスクリーンのキーボードをより楽しくタイピングできるようにするためのアイデアを思いついた様子。これは触覚フィードバックの形で行われ、ユーザーが画面上のキーをタップすると、通常の物理キーボードと同じようなフィードバックが得られます。

入力時のハプティック・フィードバックは目新しいものではなく、多くのAndroid携帯では、入力するたびに振動させる機能を持っています。しかしAppleの特許は、タップした画面の「一部」だけを振動させる別の方法を提案しています。これは、一般的な触覚フィードバックよりも、本物のキーボードの感触をシミュレートできることを意味します。

これは興味深い特許であるものの、実際に実現されるかどうかはまだわかりません。これは特許の欠点であり、Appleが知的財産を保護しようとしているだけなのか、開発中の機能や製品なのかを判断するのは難しいためです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら