iPhone 11 / 11 Pro、販売量が好転する可能性。低価格化、カラバリが要因?

Appleが新しいiPhoneを発売するたびに、大成功は保証されてきました。しかし、ここ数年はそうとは言い切れない状況で、「失敗」とまでは言えないものの、市場の成熟と製品単価の上昇が相まって、需要はかつてほど強くありません。

しかし、 「iPhone11」 と 「iPhone11Pro」では状況が変わる可能性があります。AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、投資家向けレポートの中で、新型iPhoneの需要は予想以上に好調であると主張しています。これは、Appleのオンライン出荷予測に基づいているそうです。

Kuoの報告書によると、「ミッドナイトグリーンのiPhone11Pro、グリーンのiPhone11、パープルのiPhone11の出荷時期はすべて二週間から三週間以上で、その他の色は大体10日以内の発送という状況だ。ミッドナイトグリーンモデルのガラスが、現在生産上の問題に直面しているため、発送時間が長くなる」としています。

このアナリストは、Appleが発表した新しいカラーバリエーションが一因ではないかとも考えているようです。また、iPhone11がiPhone XRよりさらに安価になったことで、スマートフォンに10万円を払う必要性を感じない人にとっても非常に魅力的な選択肢になったと考えているようです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら