2020年のiPhone向けチップセットは順当に性能向上する?

AppleのAシリーズチップセットは非常に強力です。これまで見てきたベンチマークによると、最新のチップセットではIntelCPUを搭載するMacBookとほぼ同等になるまでに大きく前進しており、Appleがスマートフォンやタブレットにデスクトップに近いパフォーマンスをもたらしたことを示唆しています。

同社は毎年、チップセットをアップグレードしていますが、2020年には、これまで以上に重要なアップグレードが施される可能性があるようです。最新の報道によると、iPhone 12(仮称)に搭載されるチップセットは7nmプロセスで製造されると見られ、これまでと異なる点としてAppleは紫外線リソグラフィを採用するだろうとしています。

このプロセスは、Appleが同じ空間にもっと多くのトランジスタを詰め込めるようになることを意味します。つまり、既存のプロセッサと同じサイズであれば、より優れたパフォーマンスと効率性を実現できる可能性があるということです。

Appleが、2020年に何を計画しているのかを知るにはまだ遠いことを考えると、現時点ではこれを慎重に見守るべきであることは言うまでもありません。とはいえ、アップグレードされたチップセットに加え、5Gや120Hzディスプレイの搭載にもできるという噂もあります。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら