WWDC 2020では「SiriOS」が登場する?

Appleはデジタルアシスタントをスマホに搭載した最初の企業でした。しかし、この機能は発売時に宣伝していた通りには動かず、開発者への提供もなかったために、Siriの利用シーンは非常に限られていました。

しかしアナリストは、AppleはWWDC 2020で「SiriOS」の発表を検討しているといいます。SiriはOSではありませんが、SiriOSはSiriのイノベーションを加速させるような開発者をターゲットとすると見られます。

同ソースはSiriの新機能について楽観的な見方を示しており、2050年までに1兆ドルの価値がつくと考えているようです。

デジタルアシスタントは、さまざまな企業がそれぞれ独自に採用を始めるなど、近年ますます一般的になってきています。

デジタルアシスタントに取り組む企業は、Amazon、Google、Microsoft、Samsungなど。この噂されているSiriOSはAppleに変化をもたらすのか、またユーザーや開発者にどのように公開されるのでしょうか。しばらく情報を待ちたいと思います。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら