GoogleがPixel 3aにイヤホンジャックを付けた理由「ユーザーが選べるように」

最近、Google は最新のPixelスマートフォン「Pixel 3a/3a XL」を発表しました。これらは手頃な価格で出荷されているミッドレンジのPixelスマートフォンですが、これらの携帯電話とPixel 3の間に1つの顕著な違いがあるとすれば、ヘッドフォンジャックが付いているということです。

より多くの携帯電話メーカーがヘッドホンジャックを捨て始めているので、グーグルが完全にあきらめていないのを見ることは実際にはとても素晴らしくて面白いです。彼らがそれを無視することは簡単なはずですが、なぜヘッドホンジャックを含めることを選んだのかについては、グーグルのプロダクトマネージャであるSoniya Jobanputraがインタビューがその理由を明らかにしています。

Jobanputraによれば、ユーザーは自分のスマートフォンに使う購入費用の多寡で、求める機能や使い方も柔軟に決めたがるとのこと。つまり今回のケースでは、有線なのか無線なのか、どちらのヘッドホンを使うかどうかの選択をしたいということです。Googleが本当に望んでいれば、変換アダプタを付属すればいいとも思えますが、実際にユーザー視点にたてば、理にかなった施策と言えましょう。

いずれにせよ、私たちはあなたがあなたのお気に入りの有線ヘッドフォンを使うことを可能にするまともにスペックの良い携帯電話のために399ドルを買うことはそれほど悪くない選択でしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら